まぶたが下がってくる。眼瞼下垂(がんけんかすい)とは?

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、上まぶたが下がっている状態をいいます。

生まれつきの先天性の場合と後天性の場合があります。

1.先天性眼瞼下垂

先天性眼瞼下垂は生まれつき、筋肉や神経の状態が良くなく、十分に開かないものです。特に筋肉(まぶたを開く主動筋=上眼瞼挙筋)の成分や全体が欠損していることが多いです。主動筋が使えなくても若い頃はしっかり開いている場合もあります。一方で筋肉や神経の状態に問題がなくても、一重(ひとえ)、奥二重(おくぶたえ)の人は、はっきりした二重の方に比べるとまぶたが開きにくい構造になっています(若い日本人の何割かは眼瞼下垂が全然進行していなくても、欧米の基準では眼瞼下垂になってしまうくらい)。ですから細目イコール先天性眼瞼下垂ではありません。片方の目の先天性眼瞼下垂は比較的診断しやすいですが、両目ともそうであると診断も難しいことが(たまに手術中に判明することも)あります。

2.後天性眼瞼下垂

後天性眼瞼下垂は、まぶたの支持組織=骨格(瞼板というコラーゲンのかたまり)とまぶたを持ち上げる筋肉の接着部分が弱まり、筋肉の動きがストレートに伝わらなくなる(=移動量のロスがおこる)ためにおこります。誰しもが、瞼板と筋肉の接着部分はもともと弱く(イメージするなら、無数のクモの糸でつながっている感じ)、少しずつ結合が切れていくのです。初期から中期は、移動量のロスの分、筋肉をさらに縮めることによって補っている状態(代償期)です。ひとによってはいろいろな症状がこの時期からおこります。眼瞼下垂の進行するスピードは違いますし、同じように進行しても、まぶたの構造(重さ、硬さ、つっぱりぐあい)、目の周囲の筋肉のバランス、神経細胞間の信号の量、脳の感受性、社会的な立場などでいろいろな症状が出る方も、全く出ない方もおられます。早ければ10歳になる前から発症しますし、一生これに関係した症状がでないですむ方もたくさんおられます。
 つまり、まぶたを手術したなどの特別な状態でなければ、成人になればある程度は眼瞼下垂、あるいはそれに近い状態になっていると理解してください。どうして眼瞼下垂になると、ひとによってさまざまな症状を引き起こすのか?この機序は学会でも理解できている人が少ないというくらい複雑です
 さらに進むと筋肉の働きのロスが補えなくなった状態(非代償期)になり、上方の視界が狭くなります。顎を上げないと前が見えなくなり、もっと重症化すると指などでまぶたを引っ張り上げないと目が開かない状態になります。また、眼瞼痙攣を合併すると随伴症状も悪化、まぶたを開くのも徐々につらくなります。目を開けようとすると先に閉じる力が発生するため、どうやって開けばいいかわからなくなる「開瞼失行」という状態にもなることがあります。

※引用 松山市民病院

後天性眼瞼下垂には効果が期待できる

ここの記載にもあるように成人になってくればある程度は眼瞼下垂によってまぶたは下がってくることがあるようです。

状態や症状によっては専門の病院へ相談が必要だと思います。

しかし、年齢サインによるまぶたのたるみはリッドキララを使用することによって解決できそうです。

リッドキララを使用することにより作られた人口被膜によってたるんでしまったまぶたを引き上げて若いころの様にすぐパッチリを実感できそうです。

また、リッドキララにはまぶたのハリを整える有効成分も配合されていますので継続して使用することで気になる年齢サインも徐々に改善できそうですね。